ブランド品を集めている人は多いものですが、集めている人の中にはそのまま保管をしたままと言うケースも在ります。また、普段からバッグなどを利用している場合など、そのままにしておくとカビが発生したり、バッグの底に埃などの汚れが溜まってしまう事も在ります。洋服などのブランド品の場合は、食事をしている時に食べこぼしなどが洋服についてしまうとシミになってしまう事も在りますが、こうしたシミなどはそのままにしておけば取る事が難しくなります。そのため、定期的なメンテナンス、必要に応じてメンテナンスを行う事でブランド品の価値を継承させることが出来るようになります。

革製品などの場合は、汗などによる皮の変色などが起きやすく、バッグの手提げ部分と言うのは汗が付着し易い部分でもあり、使い終わってそのまま収納の中に入れっぱなしにしておくとカビが生えてしまう事も在ります。カビは拭くことで綺麗に落とせても、かび臭さと言う匂いが残ってしまいます。そのため、しばらく使わないと言う事であれば、布に水をつけてよく絞ってから手提げ部分を綺麗に拭き取り、その後陰干しを行ってから収納の中で保管をすると言ったメンテナンスを行っておく必要が在ります。また、バッグと言うのは色々な物を入れる事からも、内部に埃やゴミなどが溜まりやすいため、綺麗に掃除を行って内部を陰干しして綺麗にしておくなどのメンテナンスを行う事でブランド品の価値を継承させることが出来ます。

サポートサーフェスのことならこちら